Post

「音楽もいらないし、命もいらない」

    中学生のころは「NO MUSIC, NO LIFE」という文を「音楽もいらないし、命もいらない」という意味だと解釈してとってもロックだと思っていた — けんつさん (@kentz1) 2013年2月3日     […]

1
Quote

神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)は、冤罪である。

    事件発生から49年が過ぎた名張毒ぶどう酒事件が、6日の最高裁決定で審理を名古屋高裁に差し戻されました。この国の刑事事件で被告が有罪判決を受ける確率はなんと99.9%です。裁判は検察の主張を鵜呑みにして追認している […]

1
佐川一政 人を食った男
動画

【閲覧注意】佐川一政が遂に“パリ人肉事件”の真相を語る【カニバリズム】

佐川 一政(さがわ いっせい、1949年6月11日 – )は、日本の殺人犯、小説家。パリ人肉事件の犯人として知られる。パリ人肉事件(パリじんにくじけん)は、1981年(昭和56年)、フランスで起こった猟奇殺人事件である。犯人である日本人留学生、佐川一政が知人女性を射殺し、死姦後にその肉を食べたというもの。

6
Quote

これで僕が母親に機材の話をするのは最後だと思う。

“ ちなみに、ハードオフ売りに行くとき、メシでも食おうと母親も一緒に行ったんだけど、楽器コーナーぶらりと見るなり、 母「あら、これは、DX7だねー。うちにあるのと同じ?」 僕「これは、うちのより低いランクのやつ。(DX7 […]

0
画像

嫁が「母子手帳がディズニー柄でダサい!」というのでジャミラ柄にしてやった

  嫁が「母子手帳がディズニー柄でダサい!」というのでジャミラ柄にしてやった twitter.com/troru/status/2… — トロルさん (@troru) 9月 6, 2012 source : Twitte […]

0
Post

坂東英二のゆで卵を好きな理由が感動的すぎてヤバイ

“ 母は、満州から五歳の僕をおぶって、ひたすら日本を目指した。 ゆで卵が、好きなのには理由(わけ)がある。 僕、板東英二にとって卵は特別な食べ物。 満州からひきあげてくる五歳の僕を救ってくれたのは、卵と、母の愛だった。 […]

3
Quote

「子供のした事ですから」

” ついさっきの事なんだけど。 電車に乗ってたら、向かい側に座ってたオッサンの白っぽいコートに オッサンの隣で足をバタバタしてたガキの靴が当たってコートが汚れてしまった。 オッサンがガキの母親に注意したら、 「子供のした […]

0
画像

母からの着信

source:fuk

0
Tweet

日本人の母音の長さに関する敏感さヤバイ。

    “ 日本人の母音の長さに関する敏感さヤバイ。もうaとaaの違いが分かるってレベルじゃない。もうこの時点で英語話者はお手上げ。でも日本語はそんなのお構いなし。永遠とかeeenだし鳳凰とかhoooo。極めつけは「東欧 […]

0
動画

映画『銀河鉄道の夜』

  “ 映画『銀河鉄道の夜』 予告篇 (by aucshoper) 逗子海岸映画祭「海の映画館」で上映されます。海のスクリーンで見たら、気持ちよいだろうなあ。 5/1(tus) 宮沢賢治DAY 宮沢賢治の代表作の幻想的な […]

0
Quote

私の父がすごいのは、何もいわないことだと思う。

    “ 私の父がすごいのは、何もいわないことだと思う。 私の母がすごいのは、今の問題については意見するが、過去の問題は決して蒸し返さないことだと思う。 これまでいろいろなお母さんを見てきたが、子どもに追い詰められるた […]

0
Quote

チャリンコのった引ったくり

  “ うちの婆ちゃんの話 買い物帰りに歩いて帰宅途中、チャリンコのった引ったくり(高校生) に抜かれざまバッグを掴まれたらしい が、日頃から野良仕事を趣味とし年のわりに無類の体力を誇るうちの婆ちゃん 掴まれたバッグは強 […]

0
Quote

カマボコ

“ 私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。 おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。 ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、とか。 そして食 […]

0
Quote

18歳の回天特攻隊員の遺書

  “ お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。本当ですよお母さん。少しも怖くない。 しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。 それは、今日私が戦死した通知が届く […]

0
Quote

「おまえ、将来、何かやりたいことはないのか?」

      “ 高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。 親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。 暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗が出たのを憶えている。   当時、 […]

0
Quote

やさしさが怖くないのは、とてもしあわせなことなんだよ

  “ さて、「やさしさ」というものは、大きく 1.やさしさに起因するやさしさ 2.やましさに起因するやさしさ の二つに分けることができます。 そして、両者は一文字しか違わないのに、その意味はまったく異なります。 で、神 […]

0
Quote

「選り好みするな!どこでもいいから早く就職しろ!ここだ!ここに決めなさい!」

“ 「選り好みするな!どこでもいいから早く就職しろ!ここだ!ここに決めなさい!」 両親から言われ続けてヤケクソで就職した ブラック会社(墓石や仏具、印鑑、布団、学習教材の営業)。 サービス残業、パワハラ、強引な営業…とは […]

0
画像

エイプリルフールだから母に「俺、実は男が好きなんだ…」ってメール送ったら真面目な返信が来た。

source:エイプリルフールだから母に「俺、実は男が好きなんだ…」ってメール送ったら真面目な返信が来た。死にたい。 – Twitter / @tsu1031

0
Tweet

あるお母さんの名言。

“ あるお母さんの名言。「男の子は皆バカでヘンです。ちなみにそのまま大きくなるので、オトコという生き物も基本的にバカでヘンだと思って間違いありません。ちなみに、女の子は意地悪。男女両方を育ててみての感想であり確信です。バ […]

0
Quote

勢いで結婚してもどうやら幸せにはなれるらしい。

    ” 新入時配属先で紹介が済んだ後のこと。   嫁「指導担当の○○です。」 俺「××と申します。よろしくお願いします。」   値踏みするように見られた後で   嫁「合宿研修で教えられたことは全部忘れて下さい。クソの […]

1
Quote

半分よこせ

“ 俺がまだ小学生のころの話だ。俺んちは両親が共働きで、 「鍵っこ」というか、夕方までは俺一人だった。 その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちながらね。 玄関の鍵が開いた。ああ母親が […]

0
Quote

子供が三歳を過ぎないうちは無駄なこと

“ 「お母さんはうちで一番先に起きる人」になると子供が起きる時間、朝ご飯の時間、おやつの時間、昼寝の時間、夕ご飯の時間、お風呂に入る時間などが自然に正確に決まってくるものです。  そうしてこのハンで押したような規則正しい […]

0
Quote

「もうこれから何もいいことが起こらないような気がする」

“ 以前、小学校に入った年の子供がいきなり「もうこれから何もいいことが起こらないような気がする」と泣き出したのを聞いて、ぎょっとしたことがある。 クリスマスとお正月が過ぎ、三学期が始まったばかりの頃だった。楽しいことが終 […]

0
Tweet

「これは誰?」

“ 認知症の祖母が祖父の遺影を見て、「これは誰?」って言ってた。すごく悲しかったけど、その後に「素敵な人…」って呟いてるのを見て、嬉しかった…! “ — Twitter / @otofudon

0
Quote

彼女のお守り

“ 初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。聡明を絵に書いたような人。 学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょっときつめ&変わった人で、やることすべてパーフェク […]

1
動画

日本人最古の歌声が完全にヒップホップ

“ オッペケペ節 権利幸福 きらゐな人に 自由湯をば のましたい オッペケペ オッペケペッポーペッポーポー 堅い上下 角とれて マンテルヅボンに 人力車 意気な束髪 ボンネット 貴女(きじょ)に紳士の いでたちで 外部の […]

0
Quote

宅間守の生い立ち・発言集【附属池田小学校・児童殺傷事件】

  本名:宅間守(たくま・まもる) 前科:11犯 片山総務相の発言より 京都新聞 前科13犯という説もある。 身長:182センチ 体重:75キロ 生年月日:1963年11月23日 ちなみにケネディ大統領の暗殺日(22日だ […]

25
Quote

人間と手話で会話したローランド・ゴリラ(ココ)の死生観が深すぎる。

ココはメスのローランドゴリラ。 生後3ヶ月で病気にかかっている時に、パターソン博士と出会い手話を教わりました。 そしてなんと1000語もの単語を習得したココは、手話でパターソン博士と会話ができるようにまでなりました。 例 […]

30
Quote

意外と知らない家族のこと

“ 昨日、帰宅したら父が魚焼きグリルに薄切り牛肉を器用に広げて焼こうとしていた。 「は?なんで薄切り肉をグリル?」 思わず父に聞いてみたところ 「あ、焼いて食べようと思ったんだ。」 ますます頭にはてなが浮かぶ。 「どうし […]

0
Quote

それきり母は黙って家事に戻ってしまった。

“ 広島、晴れ 今朝の母との会話。 私「前原って原発推進らしいね、菅さん以外みんな原発推進なんよね」 母「まあ原発がないと電気が足りんけんしょうがないんよ」 私「え!足りるよ、足りんって思わされとるだけよ」 母「足りんよ […]

0
Quote

道端に仔猫が捨てられていた

“ 朝、道端に仔猫がいた。少し寒い朝だった。 猫を触ろうとして近づいた時、 「あんたに俺が飼えるのか」そう聞かれて思わず動きが止まった。 我が家では既に犬を飼っており、飼うことはできない事を告げると、 「じゃあ触らないで […]

1
Quote

「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」

“ 彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。  彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。  そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。  それが反対の理由でし […]

0
Quote

「僕が死んだとニュースでやっていたのだけど、僕はいったい誰なのでしょうか?」

“ 警官をしている友人が、数年前に体験した話。 そいつは高速道路交通警察隊に努めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。 内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。 そ […]

0
Quote

二人の父親

“ 4~5歳くらいまで、父親が2人いたんだよ。それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。 意味がわからないと思うけど、顔かたちはまったく同じなんだけど、目つきだけが異様な感じがする、とにかくこの世のものとは思えない存在 […]

0
Quote

診察に訪れた若者に余命宣告をした

“ 本当は書くべきじゃないのかも知れんが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。こういう生業だから、人の死に接するのは少なくない。  ちょっと前、診察に訪れた若者に余命宣告をしたばっかりだ。 […]

0
Quote

ママ、電車はどこにあるの?

“ 私の席の後ろに、母親と三才くらいの男の子が座っていた。 男の子はしきりにダダをこねている。 そしてその母親は、手を焼いている。 三才の男の子、当然じっとおとなしくなどしていられない。 それで、何が嫌だといって、母親を […]

0