Quote

tumblr_mx9ejhpg8h1stm4ueo1_500 福知山線脱線事故の電車に乗っていたせいで壊れてしまった姉の話 Quote
 
 

姉が心病んでる今が人生最大の修羅場中
 
姉は30歳、ちょうど大学通ってる頃に福知山線脱線事故があったんだけど
姉はあの電車に乗ってた。
後ろから2両目の車両に乗ってたから頭ぶつけた程度で、
避難も近くの町工場の人に誘導されて移動した。
その後、JR職員が居なかったので大学行かず
近くの人と協力して避難や怪我人の選別、誘導
家族探す人の手伝いとかして【充実】した時間を過ごしたらしい。
 
人の役に立ってる!って実感とか凄かったって。
姉さ、すっごい役に立ったらしく怪我がひどかった被害者の人が
JR通して姉を探してお礼の手紙をくれたり、
被害者の講演会の手伝いに行ったりもしてた。
 
その後、PTSDの影響とかあって就職1年で会社勤め出来ず退社。
突然泣き叫び出すなど家族で必死にケア、
最近はやっと治って一人でよく出かけてるんだけど、
用事も無いのに電車に乗ってて駅員に不審がられキセルで保護された。
 
家族が姉に説明を求めたら
「また事故があったら良い」
「そうしたら以前より私は的確に動けるし」
「経験があるから絶対に役に立てると思うの!」
「人の役にやったあの日、私は凄く充実してた」
「私は社会の役にたちたい」って言ってた
 
結局、治ったように見えて姉が壊れてるんだよね。
俺だけ一人暮らしで家族全員家売って田舎に引っ越してったよ。
福知山線脱線がやっぱりダメなんだろうって事で。
 
サイコパスって言うか
姉の語り方的に「またお祭り来ないかな?」って感じ?
文化祭準備でクラスが一致団結して楽しいみたいな?
脳内麻薬出て悲惨な状況の中でも
皆と一つになって頑張ってる感とか充実感とか
すっごい楽しかったんだろうと思う
そして次の電車事故を待ってる
 
今朝のアメリカの脱線事故とか乗り合わせた客が
めちゃ興奮してインタビュー受けてたの見て近いものを感じた

 
 
 
 
source: 今までにあった最大の修羅場 £100