png 1943年のシベリアで生きたマンモスの映像が撮影されていた!? 動画
 

 

REAL Woolly MAMMOTH (Mammuthus primigenius) sighting (Yakutsk city, Sakha Republic, Siberia 1943).

After the conclusion of the WW2 Battle of Stalingrad, Nazi Party member and official photographer for the NSDAP, Holger Hildebrand, was captured by the Red Army at the Battle of Stalingrad. He and thousands of other Wehrmacht soldiers were later sent on a death march towards Siberia; this mammoth footage is understood to have been taken during that journey. (Hildebrand is believed to have died a prisoner of war at a Soviet forced labor camp in late 1945. His Granddaughter later came into possession of the footage when his belongings were repatriated to Germany from Russia decades after his death.)

参照元:REAL Woolly MAMMOTH sighting (Yakutsk city, Sakha Republic, Siberia 1943) – YouTube
 
 


第二次大戦中の1943年4月、当時「ヤクート・ソビエト社会主義自治共和国」と呼ばれていたサハ共和国の首都ヤクーツクで、謎の映像は撮影されました。マンモスを撮影したのは、ドイツ軍カメラマンであったホルガー・ヒルデブラントという人物。赤軍に捕えられたヒルデブラントが、シベリアへ向かう「死の行進」の渦中で撮影したものだといいます。
残されている映像は非常に短いものですが、風に長い毛を波打たせるマンモスらしき生き物の姿が映し出されています。

公開データによると、ヒルデブラントが捕えられたのは、スターリングラード攻防戦の最中。捕虜たちの苛酷な待遇はウィキペディアにも記載されていますが、ヒルデブラントは強制収容所へと向かう極寒の行進の渦中で、マンモスの姿を撮影したと見られています。

引用元:【動画】生きたマンモスが撮影されていた? 1943年にシベリアで撮影されたマンモスの映像 : 付録部 blog-bu
 
 

Published on

Last modified on