佐川一政 人を食った男

動画

a577c068fb402b24c857e9f43e4ad1ac-640x352 【閲覧注意】佐川一政が遂に“パリ人肉事件”の真相を語る【カニバリズム】 動画

佐川一政とは?


1981年6月11日、フランスの首都、パリに留学していた日本人留学生佐川一政(当時32歳)が友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺した。佐川は衣服を脱がせ屍姦したあと遺体の一部を生のまま食べ、また遺体を解体し写真を撮影して遺体の一部をフライパンなどで調理して食べた。

引用元:パリ人肉事件 – Wikipedia

「カニバリズム(食人)」とは?

カニバリズム(英: cannibalism)は、人間が人間の肉を食べる行動、あるいは宗教儀礼としてのそのような習慣をいう。食人、食人俗、人肉嗜食、アントロポファジー(英: anthropophagy)ともいう。
なお、文化人類学における「食人俗」は、社会的制度的に認められた慣習や風習を指し、一時的飢餓状態下の緊急避難的な場合や精神異常による食人を含まない。また、生物学用語では種内捕食(いわゆる「共食い」)全般を指す。転じて、マーケティング用語で自社の製品やブランド同士が市場を食い合う状況を指す。
引用元:カニバリズム – Wikipedia

s-780x409 【閲覧注意】佐川一政が遂に“パリ人肉事件”の真相を語る【カニバリズム】 動画

パリ人肉事件とは?

1981年6月、パリはブローニュの森。1人の東洋人がスーツケース2つを運んでいた­。男の名は佐川一政。通報で明らかとなったスーツケースの中身は、無惨な姿に成り果て­た女性の遺体だった。

その名をルネ・ハルテヴェルトといい、佐川と同じ大学に通うオランダ生まれの女子大生­だった。遺体発覚の3日前、佐川は彼女を銃殺。数日に分けて、その肉体を食べ続けてい­たのだ。

まもなく佐川は逮捕される。当時のレポートによると、佐川はこう言い残していたらしい­。「私は彼女を食べるために殺した」と。家宅捜査が行なわれ、その冷蔵庫からルネの肉­体の一部が発見された。佐川は心神喪失との診断をうけ、不起訴処分となる。そしてフラ­ンスのアンリ・コラン精神病院に措置入院された。

しかしながら、彼が実際に収容された期間はそう長くなかった。というのも、フランス国­民の血税が悪魔のような女性食いを支えるために使われるのはまっぴらだという不平の声­が上がったからだ。ほどなくして佐川は国外追放を余儀なくされる。そして日本の東京都­立松沢病院に入院。診断した医師は佐川を、精神病でなく人格障害であり、刑事責任を問­われるべきだと分析した。これに対して日本警察は彼を裁判にかけるため、フランスに捜­査資料の提出を依頼するが、フランス警察はこれを拒否する。

1986年の8月12日、佐川は東京都立松沢病院を退院。以降は自由の身を謳歌してい­る。ここからが、本当の物語の始まり。VICEは彼のもとを訪れ、彼がこの30年間し­てきたことをあぶり出した。
参照元:佐川一政 人を食った男 1/2 – Interview with a Cannibal -【VICE】 – YouTube

佐川一政 人を食った男 1/2 – Interview with a Cannibal Part 1

佐川一政 人を食った男 2/2 – Interview with a Cannibal Part 2