Quote

0

tumblr_lqwrkgnuuP1qg39ewo1_500 「いたずらな金魚」 Quote

 

プールに金魚を放ち、少女たちは服を脱ぎ始めた。

 

「ブラも外すの?」

 

ひとりが、ためらいがちに聞くと、その背に指先が触れた。

 

「ええ、そうしましょう」

 

声とともにホックが外され、膨らみ始めの乳房がこぼれる。
プールの傍で、弱々しく光る外灯に、その愛らしい形が浮かび上がった。

少女は恥ずかしさをこらえ切れず、プールサイドを駆けだして、水中に身を躍らせた。
水中は暗く、何も見えない。お祭りの時に見た、きらきら光を放つ金魚の姿は、どこにもなかった。

 

「暗くて何も見えないわ」
「それでも、この真っ暗な水の中には、金魚と私たちしかいないのよ」

 

すぐ後ろから声がする。冷たい水の中にあって、火照るような肌が背に張り付いた。
水棲の細長い生き物のように、脇から両の腕がゆるゆると回され、
左手は乳房に、そして右手の指先は下着の上から、少女の秘密の形をなぞるようにあてがわれた。

 

「これは、金魚?」
「そうよ」
「いたずらな金魚」

 

少女はくすくす笑う。彼女の下着はゆっくりとおろされ、秘密が水の中にあらわになった。

見通せない水の中で、細くしなやかな指が、さらされたつぼみを甘くついばむ。

 

「あ……」

 

水面に切なく声が跳ね、少女は身を震わせた。

 

「わかる? あなたのきれいなここを、金魚たちが見ているわ」

 

声が耳元を、吐息が首筋を、指先が胸のいただきを、花芯をくすぐる。
いっそ水の中に溶けてしまいそうな快感に、少女の膝はくだけた。

愛○を続けていた手が、沈みかけた少女の身体を優しく支える。
金魚になりたい――と、少女は思う。そうすれば、水の中でも愛してもらえるのに。

愛○の続きをねだるために、少女は首をひねって背を抱く友人の顔を見ようとした。
そして、「お願い」と言いかけた唇は、その形のまま凍り付いた。

手の平が顔を掴み、少女の頭は水中に押し込まれた。
鼻から、口から、水が肺に流れ込む。水に歪んだ嘲りの声が、耳に流れ込む。

 

「お前にわかるか、俺たちの苦しみを。焼ける水に放り込まれた、この痛みを!」

 

真っ暗な水底に沈みながら、少女は見た。
ぶるぶると身を震わせながら息絶え、腹を上に水面へ浮かんでゆく、無数の魚たちの姿を。

 

ああ、私も金魚になれるのね。

 

少女の唇からもれた呟きは、小さな泡となって、浮き上がる金魚の間に紛れ、消えた。

 

 

source : 【王国の崩壊】プールに金魚を放流した犯人は女子中学生だった!…「一緒に泳げば楽しいと思った」

Published on

Last modified on