動画

img_14-780x581 【閲覧注意】ケネディ大統領暗殺事件の高鮮明度動画が公開される。 動画

ケネディ大統領暗殺事件

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが1963年11月22日金曜日、現地時間(CST) 12:30 (UTC 18:30) にテキサス州ダラスで暗殺された事件である。
(中略)
リンカーン・コンチネンタルが教科書倉庫を通過した時、およそ 6-9 秒の間にケネディは狙撃された。暗殺の間リムジンの時速は 9 マイルから 13 マイルであった。ウォーレン委員会はその後、三発の銃弾の内一発は車列を外れ、一発がケネディに命中貫通しコナリーを傷つけ、最後の一発がケネディの頭部に致命傷を与えたと結論を下した。ほぼ全ての者がケネディに少なくとも二発の銃弾が命中し、頭部への銃弾で死亡したことを認める。

第一射の後群衆から様々な反応が起こった。多くの者は後に爆竹かバックファイアが鳴ったと思ったと証言している。撃たれてパニックに陥ったコナリー知事が「ノー、ノー、ノー!大変だ、皆殺しにされるぞ!」と叫び、それによってドライバーのビル・グリアーは状況を知った。狙撃の最中にグリアーは素早く振り向き、叫んでいる知事と大統領を確認し、再び前方を見た。彼は再び後方を振り向き(この時点でリムジンのブレーキランプが点灯している様が撮影されている)頭部に致命傷を負ったケネディを実際に目の前で目撃したただ一人の人物であった。

ケネディが頭部を銃撃されたとき、彼はわずかに前進し25 – 50mm倒れた。次に起こった事態は暗殺調査が継続されることになった一つの原因である。彼の頭部右側の傷が頭蓋を開き、右肩は前方にねじれ僅かに上向きになった。その後彼は後部座席のクッションに垂直にぶつかり、死んだように崩れ落ち、彼の胴体はすぐに妻のいた後方左側に移動した。ケネディが致命傷を負った後、リムジンは速度を上げディーリー・プラザを出てパークランド・メモリアル病院へ向かった。

引用元:ケネディ大統領暗殺事件 – Wikipedia

手ブレ補正+30FPSで編集されたHD動画

ケネディ大統領暗殺の瞬間をとらえた高鮮明度動画

ケネディ大統領暗殺の瞬間をとらえた高鮮明度動画(フルバージョン)

ケネディ大統領暗殺の瞬間をとらえた高鮮明度動画(ズーム無しバージョン)

Clint_Hill_on_the_limousine 【閲覧注意】ケネディ大統領暗殺事件の高鮮明度動画が公開される。 動画