2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に、2036年からやってきたジョン・タイターが、未来のアメリカ大統領から第三次世界大戦、暗殺、世界情勢、地震などの様々な予言やタイムトラベルの理論、自身のいた未来に関する状況、未来人である証拠などを提示していった。ネットでは、9.11や3.11、ドナルド・トランプの大統領当選まで予言されていたのかとも話題に!

 

 


ちなみに私は当時話題になったという件のタイター本を読んでおりません。
こちら(イタリア)に来て、この番組ではじめてタイターの存在を知った者です。

この番組は、「ピラミッドの謎」 とか 「麦畑の謎の幾何学模様」 といった、
いわゆる 「ミステリー物」 を扱う番組ですが、
このタイターの話題も 最初は各章ごと4回に分けて放送され、
「えーっ、これ本当なんだ?」と、年甲斐もなく思わずワクワクさせられました。

その時はそのまま終わって、しばらくして(数ヵ月後だったか・・)番組がもう一度
この話題を取り上げた時のものが、この 「ジョン・ティーターを追って」 でした。
前回4回の放送分も短縮編集されて前半の1(タイター予言物語の再現)になり、
新たな真相追及が後半の2という構成での放送です。

これらを訳したのは、ちょうど自分のネット接続が中断していた頃で、
作中に登場する特殊用語(翻訳語)も、
通常日本でいわゆる 「タイター・ボキャブラリ」 として
認知されているものと違っているかも知れません。
例えば 「時空ライン」=「世界線」 とか・・・
実は今回は後半部分の2(真相究明ドキュメンタリ-)の方を先に訳したため、
1に関しては、正直言ってあまり細部を詰めてないところもあります。
「でもどーせ嘘っぱちじゃん、これ。」ってな感覚がどうしても抜けなくって・・・w
その点を、予めご了承ください。

Published on

Last modified on