21624052656 『エリート』対『天才』  Quote

 

■ 『普通の人』というのは、自分と周囲の世界が「異なって」いた場合には、自分を周囲の世界に合わせようと必死で歩み寄る。異なっているということは浮いているということであって、それは石を投げられる可能性の高い危険な兆候と読み取るからだ。

■ 一方、『エリート』というのは、自分と周囲の差を埋めるために、周囲の世界を変えようとする。自分は正しく、周囲は間違っている。だから、俺様の言葉を聞いて従って、俺様について来いと訴える。

■ そんでもって、『天才』というのは、自分と周囲が違っていることを意識しても、諦めを持って「まあそういうもんだよね」と受け入れてしまう自意識のスタイル。この場合、自分と他人の差異をそのままに放置して黙殺か愛想笑いする。

 
 
 
 

source:3ToheiLog: モチベーション談義序章 『エリート』対『天才』 

 

Published on