オッペケペ節
権利幸福 きらゐな人に 自由湯をば のましたい
オッペケペ オッペケペッポーペッポーポー
堅い上下 角とれて マンテルヅボンに 人力車
意気な束髪 ボンネット 貴女(きじょ)に紳士の いでたちで
外部のかざりは 良けれども 政治の思想が 欠乏だ
天地の真理が 解らない 心に自由の 種をまけ
オッペケペ オッペケペッポ ペッポーポー

不景気極る 今日に 細民困窮 見返へらず
目深に被ふた 高帽子 金の指輪に 金時計 
権門貴顕に 膝をまげ 芸者たいこに 金をまき
内には米を 蔵に積み 同胞兄弟 見殺しか
いくら慈悲なき 欲心も 余り非道な 薄情な 
但し冥土の 御土産か 地獄で閻魔に 面会し 
賄賂遣ふて極楽へ 行けるかえ ゆけないよ
オッペケペ オッペケペッポーポー

亭主の職業は 知らないが おつむは当世の 束髪で
言葉は開化の 漢語で 晦日の断り 洋犬(カメ)抱いて
不似合だ およしなさい なんにも知らずに 知ったかほ
むやみに西洋を 鼻にかけ 日本酒なんぞは 飲まれない
ビールにブランデー ベルモット 腹にもなれない 洋食を
やたらに喰ふのも 負け惜しみ 内緒で後架で へどついて
まじめな顔して コーヒ飲む おかしいね 
エラペケペッポ ペッポーポー

儘になるなら 自由の水で 国のけがれを 落したい 
オッペケペッポ ヘッポーポ
むことけ島田に 当世髪 ねづみのかたきに 違いない
かたまきゾロゾロ 引づらし 舶来もようで 立派だね
買う時ァ大層 お出しだろう 夏向ァ暑くて いらないよ
其時ァおっ母が 推量して お袖に隠して 一走り
細工にいてくるよ ヲヤ大きなこゑでは 言われない
内証だよ 舞台は結構(けっきやう)だ ごめんなさい
オッペケペ オッペケペッポ ペッポポ

お妾け嬢さん 権妻に 芝居を見せるは 不開化だ
勧善懲悪 わからなゐ 色気の所に 目をとめて 
大事の夫を 袖にする 浮気をすること 必定だ 
お為にならない およしなさい
国会開けた 今日に 役者にのろけちや おられない 
日本を大事に 守りなさゐ まゆげのないのが お好きなら 
かったいおいろに 持ちなんせ
目玉むくのが おすきなら 狸と添い寝を するがよい 
オッペケペ オッペケペッポ ペッポーポー

當り外さぬ 中村座 書生の所作事 オツペケぺ 
川上ゑんちやうの 大一座 自由の権利で 教導し 
板垣遭難 大当り 監獄写真は 物凄い 
心の迷いで 赤いべべ 存廃娼妓の 問答は 
得意の弁士で 大笑ひ 議論はまちまち 客の癖 
オッペケペ オッペケペッポー ペッポッポー

親が貧すりや 緞子(どんす)の布団 敷いて娘は 玉のこし
オッペケペオッペケペッポ ペッポーポ
娘の肩掛け 立派だが 父っさんケットを 腰にまき
ドチラモお客を 乗せたがる 娘の転ぶを 見ならふて 
父っさん転んじゃ いけないよ かへり車は 掛け引きだ 
ホントに転覆(かへ)しちゃ たまらなゐ オヤあぶなゐよ
オッペケペ オッペケペッポ ペッポーポ

洋語を習ふて 開化ぶり パン喰ふばかりが 改良でねへ
自由の権利を 高調(こうてう)し 国威を張るのが 急務だよ
知識とちしきの 競べ合い キョロキョロいたしちゃ 居られなゐ
窮理と発明の さきがけて 異国に劣らず やッつけろ
神国名義だ 日本ポー

source :五十雀俗謡集 : オッペケペ節

Published on

Last modified on