tumblr_lm6mauieoI1qad04no1_500 僕が教わった喧嘩のやり方 Quote

昔、打撃系の先輩に喧嘩のやり方のレクチャーを受けた。

まずそういう状況になったら、全力で「殺される―」と絶叫する。

思いっきり、あらん限りの声で叫べば体は動くようになるし、

いざというとき、「殺されると思った」とかいえば

過剰防衛になってもなんとかなる(先輩が言ってた話ですよ)。

で、叫んで蹴ったら(勢いがつきすぎて)事故になる可能性があるから、

捕まえて頭突きしろ、頭突きなら大けがにならないとか。

頭が振れたら、腕が振りまわせるとか。

昔はなんかカッコよくないやり方だとか思っていたんだけど、

緊張や恐怖でガチガチになっている状態では

「絶叫する」というのは、実に理にかなっている。
先輩は固まって動けなくなる状況で

「動く」ための方法を教えてくれていたんだな、と思う。

人間関係も、緊張して固まって、動けないときに

どう動きだしをするか考えておくのは大切だと思う。

傷つきそうで、傷つけられそうで、自縄自縛になっているとき、

自分の中でどういう踏ん切りのつけ方をするか。



source : 僕が教わった喧嘩のやり方 臨床してて思うこと(精神科) Doctors Blog 医師が発信するブログサイト

Published on

Last modified on