tumblr_lntr75Kd5F1qbw1euo1_500 和歌山毒物カレー事件。林眞須美が、もしも冤罪だったら・・真犯人は二女なんてことはないでしょうか? Quote

毒入りカレー事件。もしも冤罪だったら・・真犯人は二女なんてことはないでしょうか?

無罪を主張している理由の一つに、鍋の近くに一人でいた白いTシャツ姿の女性が目撃されているけど、ますみ被告は当日黒いTシャツを着ていたそうです。
白いTシャツを着てたのは二女だったそうですね。

ヒ素の使い方のわかっているますみ被告が4人も殺すほど大量にヒ素を入れるでしょうか。

家族はヒ素を持ち出せるし、使い方が分からず大量に入れたということはないでしょうか。

いくら何でもそこまで考えるのは飛躍しすぎですか?

————————————————-

ベストアンサーに選ばれた回答

souronwさん

二女は事件当時中学2年生。それはないと思う。

この中日新聞の記事なんかを見ても、確かにあやふやな点が多いようです。
目撃された白いTシャツを着た女性が蓋を空けていたのは、ヒ素の入ってない方の鍋。
二女は鍋を空けてカレーを味見している。
真須美被告は当日黒いTシャツを着ていた。
黒いTシャツを着た女性が鍋の蓋を空けた所は誰も見ていない。
娘も食べるカレーにヒ素を入れるだろうか。
同じヒ素を自宅に持っていた住人は他に近所に6人ほどいた。

など不審な点は多々ある。
彼女を犯人に仕立て上げて、舌を出している真犯人が本当に居ないのでしょうかね?

彼女が起こした保険金詐欺は22件、儲けた金額も大きい。
カレー事件と類似した手口だが、これらの事件では死者は出ていない。
むしろ、「死なないようにして、保険金を取った」事件だった。
つまり真須美被告には充分なヒ素に対する知識があった。

このカレー事件は、無差別大量殺人事件であり、金が入ることは一切なく、逆に自分に疑いがかかってくるのは必至。
なのに自分の首を絞めるような事件を起こすだろうか?
真須美被告には動機が無い。

また、このカレーを我が子が食べる確率は高かった。
現に次女は味見して食べている。
真須美被告の子供は4人居て、この日は地域のお祭り。
カレーの鍋は2つあり、一つだけヒ素が入っていたが、いつ自分の知らない所で子供たちが来てカレーを食べるか分からない。
なのに致死量超えるほどヒ素を入れますかね?

被告が鍋の近くに居たのは午後12時20分から午後1時の間、その後は買い物に出かけている。
夏祭りが始まったのは午後6時。
それまでの間に被告以外、誰も一人で鍋に近づかなかったと言い切れるでしょうか?
しかも被告は長女と三女を家に残して、夕方からはご主人に誘われてカラオケに出かけている。
そして晩ご飯の用意はしていなかった。
お腹のすいた子供たちが、すぐ近所の夏祭りに行ってカレーを食べる確率は充分に高かった。

また、林家の台所から見つかったヒ素の入ったプラスチック容器には、誰の指紋もついてなかった。
台所の茶碗の横に置いてあったのに、前の日まで家事の手伝いをしている長女の指紋すらも付いてない。
しかもこの容器が見つかったのは事件から2ヵ月後。
犯人なら、その間に処分するだろうし、そんな所に容器があったとは本人も家族も気付かなかった。

保険金詐欺の被害者の中には彼女に恨みを持ってた人も居たでしょう。
ヒ素の知識があまり無く、真須美被告に恨みのある人物が、彼女を陥れる為に起こした事件かもしれません。
今回、犯人を裏付ける物的証拠もないまま棄却されて死刑が確定しましたが、弁護側は再審請求する方針のようです。



source : 毒入りカレー事件。もしも冤罪だったら・・真犯人は二女なんてことはないでしょう… – Yahoo!知恵袋

Published on

Last modified on