恋愛だったら分かりやすい。友人の間での評価はぱっとしないが、自分はなぜか惹かれる相手がいるとする。そのときに、自分の直感に素直に行動するか、それとも他人の評価を気にするのか?

この例だと答えは明らかだが、仕事になると、どうも自分の直感で判断しようとするより、世間で「花形」とみなされている職種に惹かれてしまいがち。スポーツができる人気者にバレンタインのチョコが集中するのは、せいぜい小学生くらいなのに。

加えて、「ニッチを狙う」というのは精神論ではなく、競争戦略論的にも正しい。BCGの元上司でヘルスケア業界の専門家として活躍している方がいる。この人に、「なぜヘルスケアに特化しようと思ったのですか?」と聞いたことがある。

「え?だって、簡単でしょ。当時のBCGでヘルスケアをやろうとする日本人がほとんどいなかったから。『競争がないところに行け』というのは戦略論の基本。なのに、皆自分のキャリアとなると、たとえば消費財とか金融とか、華やかそうなところに行きたがるんだよなぁ」

私が生保業界を選んだ理由の一つも、「同世代のアグレッシブなアントレプレナーが挑戦しなそうな分野だから」「MBAの進路としてほとんどないから」ということがある。だってほら、私が「モバイル」とか「SNS」とか「投資ファンド」とかやっていても、おもしろくもなんともないでしょう?

ブランドが関係ない、という見出しはちょっとミスリーディングだったかも知れない。世間体や他人の評価を、自分の「内なる声」より優先させることはしないでください。加えて、ブランドを目標にすると、競争が厳しいですよ。混雑しているところからちょっとだけ外れてみて、自分ならではの「立ち位置」をいち早く見つけることが、自分のキャリア戦略論的に正しいのですよ、ということなのです。



source : 生命保険 立ち上げ日誌: 【超凡思考1-4】ブランドも知名度も関係ない。

Published on

Last modified on