ジョン・タイターのはずれていた予言

・2000年問題によって起きた災害や混乱が、後の内戦の火種となる。

→今となっては、特に無事処理されたかと思われますが。

・アメリカでは2005年に内戦が始まる。

→その内戦は、断続的に激しくなったり収まったりしながら10年間続くと言っていたが、今のところ何もなく。

・2008年に日本で、平成関東大震災が起こる。

→08年には起きてませんが、11年の震災の事ではと指摘する人も…。

・2008年の北京オリンピック中止

→「多くの戦争の結果、2004年以降、公式なオリンピックは開かれていない。でも2040年に再開される見込みである」と予言していた。

・2011年アメリカ合衆国政府解体

→たしかに、資本主義は、崩壊しかけてますが…。

 

今後起こるとされている予言

・西側諸国の情勢は極めて不安定になり、中国の拡大を進めてしまう。

→まさしくそんな流れになっているんじゃないかと…。

・2015年以前 日本、台湾、朝鮮の中国強制併合

→上記地図は、この流れも汲んだものと思われますが、政府管理区域に関しては、すでに始まっているような気がしてなりません…。

・2015年に世界戦争が起こり、30億人近くの人が死んだ。

→考えたくはありませんが…。

・2020年 地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。

→こちらも、今の情勢を見ると、まさしく…。

・2034年 タイムマシンが実用化。

→CERN(欧州原子核研究機構)でタイムトラベルの基礎研究がまもなく始まるとも予言したそうです。

関連動画:ジョン・ティーターを追って1 (ジョン・タイターって何者?という人の為への再現フィルム)

 

Published on

Last modified on