LiveLeak-dot-com-9440b6283d24-osama_bin_laden_death_picture-510x382 改めて考える “911事件とその背景” Quote


アンドレアス = フォン = ビューロー(1)(ヘルムート = シュミット内閣(2) 調査技術大臣)
9・11事件を元・西独閣僚が分析する
二○○二年一月十三日付、ベルリン・ターゲスシュピーゲル紙(3) 掲載
聞き手: シュテファン = レーベルト、ノルベルト = トマ
(1) 社会民主党員で、二五年間、連邦議会議員を勤めた。六四歳。現在はボンで弁護士をしている。
(2) ヘルムート・シュミット(一九一八~)を首班とする社会民主党と自由民主党の連立内閣。七四年~八二年。
(3) 一九四五年に創刊された。ドイツでは代表的な日刊紙の一つ。ベルリンを中心に一五万部発行。 www.tagesspiegel.de

ほんとうに怒っていらっしゃるようですね。

何で怒っているのかお話ししましょう。あの恐ろしい九月十一日のテロ攻撃のあと、大衆の政治的な意見が一つの方向にまとまりました。しかしその意見は間違っていると思います。

どういう意味でしょうか?

いろいろ疑問があるのに、それについてだれも尋ねないのが不思議です。なぜなんでしょう。こういう恐ろしいできごとがあるとね、普通はいろんな手がかりとか証拠が出てきて、捜査機関やメディア・政府からコメントが出てくるものです。ところが今回はそういうものが出ましたか? 出てきた説明は説得力がありましたか? 今度ばかりは説得力が全然ありませんね。ニューヨークとワシントンが攻撃を受けた直後からずっとそうですよ。

あの時は恐怖と悲しみがすべてを覆い尽くしていました。

そうです。しかし、これは驚くべきことなんです。アメリカには秘密情報機関が二六あって、しかも予算が三○○億ドルついているんですから・・・

ドイツの軍事予算より多いですね。

かれらは攻撃を防げなかった。しかも、あんなことが起きそうだとも思っていなかった。直後の決定的に重要な六○分のあいだ、軍と情報機関は迎撃機を地上に待機させたまま飛ばさなかった。なのに四八時間後にはFBI(4) が実行犯の名簿を発表しています。そのあと一○日以内に、死んだはずの実行犯七人が生きているとわかりました。
(4) Federal Bureau of Investigation 連邦捜査局の略称。本部はワシントンD.C. にある。www.fbi.gov

えっ、なんとおっしゃいました?

生きていたと申し上げたんです。FBIの長官はなぜこの矛盾を説明しなかったのでしょう? 名簿はどこから入手したのだろうか? どうしてそれが間違っていたのだろうか? もし私が調査機関の長(司法長官)だったら、一般市民にむかって、どの手がかりが正しくて、どれが間違っていたか情報をあきらかにするでしょう。

アメリカ政府は攻撃直後の緊急事態だったと述べています。つまりそれは戦争であったと。敵に知っていることを全部しゃべることはないと考えるのは理解できると思いますが?

たしかにね。しかし、戦争に打って出ようという政府は、まずだれが攻撃したのか、敵はだれなのかをはっきりさせるべきです。証拠を示すのは政府の義務ですよ。ところが、責任をもって法廷に提出できるような証拠をまだ示すことができていないと、政府は認めているんです。

加害者についての情報は、一部が証拠書類として出されています。リーダーと疑われているモハメド = アタ は、九月十一日の朝、世界貿易センターを攻撃する航空機に乗るため、ポートランドからボストン行きの航空機に乗り ました。

アタ(5) という人間が作戦の中心人物だとしたら、そのボストン行きに乗るのは危険です。目的の航空機に乗りつぐ時間がほんのわずかしかない。きわめて不自然ですね。ほんの数分遅れたら、ハイジャック機に乗れないことになりますから。あんなに巧妙なテロリストがそんなことをするでしょうか? もうひとつ、これはCNNのインターネット・サイト(6) で読めますが、公式の乗客名簿に彼らの名前が一切でてきません。ただの一人も搭乗手続きをしていない。それから脅された乗員が、だれ一人として管制塔に 「7700」 という緊急コード(7) を送らなかったのはなぜか。さらに付け加えて、火や衝撃から守られているブラックボックスや音声記録がなにも価値のあるデータを含んでいなかったのはなぜか。
(5) モハメド = アタはテロ実行犯のリーダーとされている。インドの新聞インディア・タイムズ紙は昨年十一月 十一 日、パキスタン情報機関(ISI)の長が事件直前、アタに10万ドル払い込んだと報道した。
(6) CNNはアメリカの代表的なテレビ局の一つ。 http://www.cnn.com/SPECIALS/2001/trade.center/victims.section.html に犠牲者の一覧表がある。
(7) 管制塔とのやりとりのコード番号が決まっていて、7700は緊急事態の発生を意味する。

とおっしゃると、まるで—-

準備段階で手がかりを残していく殺し屋みたいだというのでしょう? 象の群れが暴走すると、あとに足跡がいっぱい残ります。それと同じように彼らは自分の名前を使ってクレジットカードで支払いをしましたし、航空訓練学校では、教員に自分の名前を明らかにしています。アラビア語で書かれたジャンボ・ジェットの飛行マニュアルをレンタカーの中に残しました。遺書と別れの手紙を携えて突撃におもむき、それがFBIの手にわたっています。間違った場所に投函され、宛先も間違っていたからだという。かくれんぼみたいに手がかりがあちこちに残っていて、それをFBIが追いかけたというんです。冗談じゃないですよ。 イギリスの航空エンジニアが一つの仮説をたてています。それによると、航空機の操縦桿は多分パイロットの手をはなれて外部から操縦されていたという。アメリカは七○年代にすでにこの方法を開発しています。これを使うと、コンピューターによる遠隔操縦でハイジャック機を救うことができたはずです。この仮説によれば、この方法があの時に悪用されていたというんです。遠隔操縦でつっこんだんだと。あくまで仮説ですがね。

実に大胆な仮説ですね。そんなことを考えた人はこれまでだれもいなかった。

その通りです。私はこの仮説を受け入れません。でも考えてみる価値はあると思います。それから、あの不明朗な株式取引は何なんでしょう? 攻撃の前の週に、アメリカン航空・ユナイテッド航空の株や、保険会社の株の取引高が一二○○%も増えました。一五○億ドルは儲けましたね。だれか知っている人物がいたに違いない。だれなんでしょうか?

推理してご覧になったらいかがですか。

あの恐るべきテロ攻撃のおかげで、西洋の大衆民主主義は洗脳されてしまいました。共産主義者という敵のイメージは、もう役に立ちません。共産主義者をイスラム教徒に置き換える必要があります。今ではみんな洗脳されて、イスラム教徒が突撃テロを生み出したと思っているでしょう。

洗脳ですか? それはきつい言葉ですね。

そうでしょうか? しかし敵のイメージという考え方は私の発明ではありません。アメリカの情報活動と外交にかかわった二人の政治家、ズビグニュー = ブレジンスキー(8) とサミュエル = ハンチントン(9) に由来する考え方です。すでに九○年代の中頃、憎しみの対象が欧米人に必要だとハンチントンは信じていました。そうすれば自分たちの社会のアイデンティティを強化できると考えたんですね。そうして頭のおかしくなったブレジンスキーは、ジミー = カーター大統領(10) の助言者として、世界中の資源、なかでも原油と天然 ガスを手に入れる独占的な権利をアメリカがもっていると宣伝しました。
(8) 元・米国大統領国家安全保障特別補佐官、国際問題研究家・政治学者、戦略国際問題研究所顧問。
(9) ハーバート大学政治学教授。一九七七年~七八年、米国国家安全保障会議コーディネーター。
(10) 第39代アメリカ大統領。一九七七~八一年。

あなたは九月十一日の事件が・・・

これは軍需産業・情報機関・軍産学複合体の考えと完全に一致しますね。明白です。旧ソ連が手つかずで保有していた莫大な資源は、今やアメリカの思いのままですし、パイプラインも同じです。それから・・・

ようやくエーリッヒ = フォラート (11) が 『シュピーゲル』 誌 (12) に 「あれは軍事基地と麻薬、眠っている原油・天然ガス資源の問題である」 と書きました。
(11) ドイツの雑誌 『シュテルン』 のニューヨーク・香港通信員を経て、現在 『シュピーゲル』 誌の編集者。  52 歳。
(12) ドイツの代表的な週刊誌。

私なら、こういうことができますね。攻撃計画は技術的にも組織的にも名人芸の域に達している。四機ものジャンボジェットをわずかの時間のあいだにハイジャックして、しかも一時間以内に標的に当てている。その操縦の巧みさはどうだ。こんなことは、国家と産業界の秘密機関が永年にわたって支援してはじめて出来ることだ、とね。

あなたは陰謀論者だ!

そうそう。その通りです。陰謀論者という言い方は、公式見解にしたがうのが好きな人が投げかける嘲笑のことばですね。調査の好きなジャーナリストでも、宣伝や間違った情報にはまりこみます。疑うやつは頭がおかしいというわけです。あなたはそう批判していることになりますよ。

source : 9・11を元・西ドイツ閣僚が分析する

Published on

Last modified on