私はこれでいよいよ地雷を踏んでしまうのかも知れませんが、
どうしても伝えたくて、もう一度言ってしまいます。
 
何度か取材されているときにも言っていることなのですが、
過激すぎるのか、タブーなのか、この件についてはなぜかカットされてしまいます。
今朝も、芸能人やスポーツ界の人たちが、どんどん支援に乗り出して募金活動をしているというテレビの報道。
 
今すぐ一人でも多くの人を救いたいという願っての皆さんのその義援金が、
今救いを求めている人たちのところには、今は届かないということを、私は知りました。
 
先日、救援物資を被災地に運んで行った時、沢山の水や食べ物が山積みになっていました。
けれど、避難所の子どもたちに聞くと、すぐには食べさせてもらえない、とのこと。
 
なんで?
 
公平公正が絶対ルールの行政主導で分配するので、全員に配れる数が揃うまでおあずけなのだそうです。
 
義援金はプールされ、募集期間を終えてから、行政関係者などが組織する分配委員会で討議されて
公平公正に、公共事業などに使われるのだそうです。
 
これって?
 
非常に大切な事業であることはわかりますが、今すぐ助けたい募金者の思いが届いていません。
 
巨額に必要になって来る復興支援のお金は、原発政策を進めてきた国家の賠償や
その電力で利益をたくさん得てきた企業が、その利益の中から被災地へ戻すべきです。
 
同じく原発の電力で便利な生活をさせてもらっていた私たちは、今困っている人たちに、
ごめんなさいという謝罪の気持ちで支援しなければならないと思うのです。
 
ですから、私たち個人が救わなければならないのは、今困っている人たちを今救うこと。
 
そのお金がプールされて、やがて腐って廃棄される支援物資のように、今救わなければならない人たちを救えないとしたら、善意がまったく無駄になります。
 
・・・・言ってしまいましょう。
 
すべての募金が集まっている「日本赤十字社」さんへお願いしてみました。
公平公正、公共性という理由で「個人や企業に義援金を今の段階で配ったことは一切ありません」ときっぱり。
 
判りました、では私たちが今救うために、自分で募金活動をします。
「でも、日本赤十字という名前を使った募金はすべて、私どもへ・・・・・」
 
そんなセコイことはしません!でも、そんなセコイ輩がいるんでしょうね。
その一派と見られたとしたら、今頃ちょっと腹立ってきましたが・・・。
 
役割分担しましょう。大きなお金で大きな公共事業を行って、沢山の人たちを救うあなたたちたち。
 
自分のお金と仲間のお金、共感してくれた人たちのお金だけで、
身の丈に合った支援だけど、今すぐ行動する私たち。
 
一番は、純粋な気持ちでお金を集めるために頑張っている芸能界や、
スポーツ界の人たちに、この現実を伝えたいです。伝えてください。
 
「他人のお金を集めただけで、自分がいいことしたような顔はしないでくださいね」
 
活動を始めてすぐ、この私が直接言われた言葉です。
ずっと肝に銘じています。
 
誰よりも募金を集めることができる立場にいる著名人は、そのお金を[日本赤十字」へ渡します、
と言うだけでお終いではなく、皆さんの善意のお金が、いつ、どこで、誰に、どのように使われるのかを、
最後までしっかりチェックする義務があると思うのです。

 
 
 
source : ちょっと過激な意見です。|清水国明オフィシャルブログ「清水国明の多毛作倶楽部」 Powered by Ameba

Published on

Last modified on