面接前ですか。緊張しますね。僕も1年前に同じ状況で緊張していました。人生で2番目に緊張している瞬間でした。
 
通産省ってどんなことしているのかイメージのわきにくいところですよね。僕に言わせれば、通産省はヒップホップ集団です。
 
ヒップホップカルチャーとは1970年代のニューヨークのサウスブロンクス地区で生まれた文化で、当時のスラム街のストリートで生まれ流行した、ダンス、ラップミュージック、グラフィティアート(スプレーなどで壁や電車の車両に絵を描く)、DJの4つの要素を含むものです。ヒップホップは、文化でありライフスタイルであり、ものの考え方でもあります。
 
ヒップホップ的な生き方とは、長いものにまかれず、周りに流されず、自分の個性を大事にし、それを誇りに思うことです。出る杭は打たれ、周りと違うことはなるべく避ける日本社会の性質とは全く逆の物です。
 
また自分の育ってきた環境を大事にし、そこで育った自分に正直でいることです。したがって、ブルックリンやブロンクスといったゲットー(スラム街)の厳しい環境で育ってきた黒人が言葉やその振るまいがある意味で暴力的、不良的なものになるのは自然ではありますが、この安全で恵まれた国の日本で普通に育ったものがヒップホップにはまったからといって、急に不良っぽい態度をとりだすのは全くヒップホップではないのです。普通にしとけばいいのです。ウータンクランのようなワルもヒップホップですが、トライブコールドクエストやデラソウルのような非常に優しそうな彼らもヒップホップであることを忘れてはいけません。
 
確かにヒップホップは不良もしくは反体制の文化でないとは言えませんが、だからといって不良でなければいけないことは全くありません。黒人らしくするのがヒップホップではなく、自分らしくいるのがヒップホップなのです。そもそも「ヒップホップ」という言葉自体が「自分らしさ」という意味を持っているとも聞きます。
 
KRS−ONEという人が次のようにいってます。
 
「あなたはヒップホップするのではなく、あなたがヒップホップなのだ」
 
日本の行政機関である通産省が日本社会の性質と全く逆だというのはちょっと違う気もしますが、通産省は自分らしさを持った人がたくさんいる楽しい職場です。
 
面接は自分のヒップホップをアピールすればきっとばっちりです。がんばってください。


 
 
 

source : 経済産業省 採用情報

Published on

Last modified on