Article

少年犯罪とは?

少年犯罪(しょうねんはんざい)とは、少年が犯した、または犯したとされる犯罪。
日本では、少年法2条1項に定義されている少年、すなわち20歳に満たない者(男女とも)が犯した、または犯したとされる犯罪に対してこの言葉を用いる。
法務省が発行する犯罪白書では、殺人と強盗を「凶悪犯」としている。一方、「警察白書」では、殺人、強盗、放火、強姦を「凶悪犯罪」としている。

引用元:少年犯罪 – Wikipedia

佐世保小6女児同級生殺害事件(通称:NEVADA事件)

bfa2f2e3 【閲覧注意】日本国内の子供(未成年)が犯した猟奇殺人事件まとめ Article

佐世保小6女児同級生殺害事件とは、2004年6月1日午後、長崎県佐世保市の市立大久保小学校で、6年生の女子児童が同級生の女児にカッターナイフで切り付けられて死亡した事件。小学生の女子児童による殺人事件でかつ学校が舞台であり、世間に大きな衝撃と波紋を広げた。被害者の死因は、首をカッターナイフで切られたことによる多量出血だった。

引用元:佐世保小6女児同級生殺害事件 – Wikipedia

犯行を行った加害女児とトラブル者は、双方にコミュニティーWebページの用意するウェブサイトを運営し、PCでおしゃべりや、掲示板に書き込みをする仲であった。犯行のきっかけについて、加害女児はウェブサイト上の掲示板などにボディー的特色を中傷する中身を書かれた事を挙げている。ただし、加害女児を良く知る第三者は、客観的に言ってそのような体的もち味があるなどとは全く感じられない、認められないと話している。
後日わかってきた事件即日の様子は、報道によると次の通りである。
加害女児はトラブル者を勉強ルームに呼び出したあと、そんな訳でカーテンを閉めて床に座らせ、手で目を隠し首を切りつけた。
トラブル者の首の傷は深さ約十センチ(ありきたりのアダルトの首の太さは直径で13-15cmぐらい)、長さ約十センチになり、手の甲には、骨が見えるほど深い傷があったという。
切りつけたあと、約15分間児童が現場にとどまっていた事もわかっており、死亡するのを見定めしたと思われる。
加害女児が前夜に見たテレビドラマでカッターナイフで人を殺害する場面があった事から、その後、各テレビ局が殺人ドラマの放送を自粛する事態にもなった。
他にも、加害女児が熱中していた「バトル・ロワイアル」に似た場面がある事もあり、事件への影響も指摘されている。

神戸連続児童殺傷事件

seito2-700x957 【閲覧注意】日本国内の子供(未成年)が犯した猟奇殺人事件まとめ Article
 

神戸連続児童殺傷事件(こうべれんぞくじどうさっしょうじけん)とは、1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生(以下、「少年」と表記)による連続殺傷事件。別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。数か月にわたり、複数の小学生が殺傷された事件である。通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。
兵庫県警察は聞き込み捜査の結果、少年が動物虐待行為をたびたびおこなっていたという情報や、被害者男児と顔見知りである点などから、比較的早期から彼に対する嫌疑を深めていたが、対象が中学生であるため、極めて慎重に捜査は進められた。

引用元:神戸連続児童殺傷事件 – Wikipedia

第一の事件

1997年の2月10日夕刻、神戸市須磨区の路上で小学生の少女2人がゴム製のハンマーで殴られて、重傷を負担する。
犯人はブレザーを着ていたという。少女の父親は、近隣の中学校に生徒の写真を見せてくれと懇願する。犯人を捜したかったのだ。だが、学校は警察を通して望むと拒否。
この事により、犯人逮捕後は学校側がこの時点で迅速に扱ってしていれば、第二第三の事件は起きなかったのではないか?という非難を受ける事になる。

第二の事件

3月16日昼過ぎ、神戸市須磨区竜が台の公園で、小学校の4年の女子生徒が金槌で殴られた。なんでも、「この辺で手を洗える位置はないか?」と尋ねられ、「お礼を言いたいのでこっちを向いて下さい」と言った後、振り向いた女子殴ったのだとか。殴られたこの子は、3月23日に脳挫傷で死亡してしまった。加えて、その直後、別の小学3年の女子の腹部を刃物で刺して2週間の怪我を負わせたという。

第三の事件

5月24日
神戸市に住む男の子近所の高台に呼び出し、殺害。犯人の少年は、人を殺したくて殺す人間を探していたのだという。トラブル者の娘はたまたま選ばれてしまったそうだ。その頃まだ11歳だった。この少年を発見した犯人は「○君なら、自分より小さいので殺せる」と思ったのだとか。殺害テクニックは絞殺。靴紐を使用して絞殺したそうだ。

5月25日
糸ノコギリで遺体の首を切断。犯人の少年は「現実に人間首を切っているんだと思うと、エキサイティングな心境になった」と供述しているのだという。首を切断し得心した少年はその場で射精したのだとか。

5月26日
犯人の少年は警察の目を欺こうとして「まさか自らの学校に首を置くはずはないと考え、捜査の対象から逸れられるという発想から、自身の通う学校である友が丘中学校の正門前に男児の首を置く事を決める。他にも、捜査をかく乱しようと漫画「瑪羅門の世帯」から会話を引用したり、別の本からの言い回しを用いて警察に宛てた手紙を記述する。

手紙の内容

「さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ ボクは殺しが愉快でたまらない 人の死が見たくて見たくてやむを得ない 汚い野菜共には死の制裁を 積年の大怨に流血の裁きを SHOOLLKILL 学校殺死の酒鬼薔薇」

西鉄バスジャック事件

0eaaa8b7 【閲覧注意】日本国内の子供(未成年)が犯した猟奇殺人事件まとめ Article

西鉄バスジャック事件(にしてつバスジャックじけん)は、2000年(平成12年)5月3日に発生した当時17歳の少年によるバス乗っ取り(バスジャック)事件である。西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件、さらにインターネット掲示板の2ちゃんねるに犯行予告の書き込みが残されており、その時のハンドルネームからネオむぎ茶事件(ネオ麦茶事件)とも呼ばれた。

引用元:西鉄バスジャック事件 – Wikipedia

2000年5月3日午後0時56分、佐賀駅バスセンターから福岡・天神行きの西日本鉄道高速バス「わかくす号」が出発した。乗客をは15、6人ほど。GWということもあり、祖父母に会いに初めての1人旅をする少女、買い物に行こうとする若者、法事を終えて福岡へ戻る客などがいた。

「天神には行くな。このバスを乗っ取ります」 

午後1時30分、九州自動車道大宰府インター付近に差しかかった頃、運転手の真後ろの席に座っていた少年が突然立ち上がり、落ちついた声でそう言った。
手には刃渡り30cmほどの牛刀を持っており、平野忠運転手(その頃56歳)に突き付け、東に向かって走りつづけるように指示した。
「言う事を聞かないと、殺します」 少年は続いて、21人の乗客(途中で5人が乗りこんできた)の荷物を前に集めるように言い、全部を後ろの席に下がらせた。
この時、真ん中の方の座席で、少年に気づかず眠り続けている女子がいた。
東京在住の高取千佳さん(その頃34歳)である 少年は高取さんの方に近づいていって、「貴方はふて腐れていますねえ」と言うと、その首筋に牛刀を突き立てた。
「貴方たちが行くのは、天神ではなく地獄です」 少年の指示は続き、荷物から携帯電話などをかき集め、カーテンの窓も閉めさせたうえ、女客を前に、男性客を後ろにまわした。
その上座席の間の補助席を倒すようにも指示し、腕力のある男性客が少年を取り押さえようとしても、もうには前方に来られないようにした。
平野運転手は「1人で乗ってきた女子がいるので、この子だけでも降ろしてやって望む」と教授してみたが、少年はあっさり却下した。
バスは走りつづけ、本州・山口に渡る関門橋が目前に迫った頃、少年は乗客に向かって便所に行く事を許可した。
バスを路肩に停めさせ、「逃げたりしたら、残っている乗客をみんな殺します」と脅したうえで1人ずつ降ろした。
1人目は小型犬を抱いた女子(その頃40歳)だった。
少年はバスの昇降口から身を乗り出し、様子を伺っていたが、女は戻っては来なかった。

「あいつ、帰ってこない。裏切りやがった。許さない。必ずに殺してやる」 

少年は初めて興奮した様子を見せ、平野運転手にバスを発車するように命じた。
一方、女は高速道路沿いにある非常電話から、バスが乗っ取られた事を道路公団に通報している(午後2時47分)。
道路公団は「わかくす号」がまだ福岡に着いていない事を見極め、すぐさま福岡県警に通報した。
連絡を受けた山口県警が緊急配備を敷いたのは3時9分の事だった。

「自分は約束は守ります。見せしめです。1人殺します」 

少年は山口由美子さん(50歳)の席に近づき、首めがけて牛刀で何度も刺した。
山口さんはおびただしい血を流しながら通路に倒れこんだ。
少年が足でつついて、「生きてるか?」と見極めしたところ、山口さんは「はい・・・」とこたえた。

「連帯責務なんだから、逃げようと思うなよ。逃げるたびに刺すぞ」 

少年はそう言った。

午後3時35分、中国自動車道を走る「わかくす号」を見極めした警察は追尾を開始。
同じ頃、乗客の女子(その頃30歳)が、走行中のバスの窓を開け、飛び降りた。
この女子は右足骨折の重傷を負ったが、バス内ですでに2人が犯人に刺されたという情報を伝えている。
少年は女が窓から逃げた事にはしばらく気がついていなかった。
だが、窓が開いているのを見つけると、近くに座っていた塚本達子さん(68歳)に「逃げようとしているんですが」と、首を牛刀で刺した。
牛刀はネックレスに触れた事から、刃こぼれしていた。
少年はその事を気にして、みんなにネックレスをはずさせた。

3時45分、少年はなぜか携帯電話から自らで110番している。
ヤマダと名乗り、「こっちには人質がいる」と忠告した。

4時9分には、山口県警に「拳銃を準備してください」という要求をしている。
この頃、少年は1人で乗っていた女子・Y子ちゃん(その頃6歳)を近くに座らせ、盾にし着手するようになっていた。

4時18分、NHKが初めてこの事件の第一報を報道、各メディアも続いた。
この時は犯人について「高校生風のフレッシュな男」と報じられていた。
上空には報道機構のヘリ10数機が、バスを探して追いスタート出来た。
バスは山口県の下松SAに近づいていたが、先ではコーンと、県警のパトカー7台が道路をふさぐかたちで停められていた。
バスは一度停まり、パトカーとにらみ合う形となったが、警察はもうに封鎖を解除、目の前をパスされた。

4時21分、バスが走りスタート出来た直後、後ろに座っていた男性(その頃52歳)が窓から飛び降り、軽傷を負った。
すでに3人に逃げられた少年は、すでに弱っていた塚本さんの首に再び牛刀を振り落とした。
塚本さんはしばらく息が荒い様子が続いた後、それも聞こえなくなり、出血も止まった。
誰もがこの女の死を悟った。少年はそして2人連れの女子客(ともにその頃18歳)に向かって「次は貴女だ。その次は貴女」と殺人予告までしている。

5時24分、広島県の武田山トンネル内で、少年は平野運転手にバスを停めさせた。
男性客4人を全部降ろしたのである。男性が降りる間は少年は常にY子ちゃんの首に牛刀を突きつけていた。
男性客の中には妻と一緒だった人もいて、妻を残して降りるのは辛い事だったが、すでに3人が殺されている(ように見えた)、下手に逆らう事はできなかった。
この頃には、すでに容疑者を「佐賀県在住の、通院歴のある17歳」と報道するメディアもあった。警察も少年の我が家に電話し、検証している。

5時50分頃、広島県警は「わかくす号」を山陽自動車道・奥屋PAに誘導し、バスは警察車両に取り囲まれるかたちで停車した。
警察の交渉が始まると、少年は拳銃と防弾チョッキとスタンガンを差し入れる事を要求した。取り替え前提で、少年は負傷していた山口さんと高取さん、また塚本さんを解放し、防刃チョッキを受け取った。
搬送された3人のうち、塚本さんの死亡が見定めされ、高取さんは首に、山口さんは顔や頭部など数ヶ所に傷があり、ともに重傷だった。少年と警察の間では3時半ほど膠着ステータスが続いていたが、午後9時37分、バスはパトカーに先導されて再び走りスタート出来た。少年によると、「東京・霞ヶ関に行きたい」らしく、燃料の補充を要求した。このためバスは給油のために、小谷SAに入った。

10時34分、最老齢の女子客を解放。
この女客は「おねがいだから、息子(Y子ちゃん)も一緒に出してあげて」と頼んだが、少年は聞こうとはしなかった。バスの外には来ててきた少年の両親と担当医がいた。
だが、母親の方は「説得する自信がない・・・」と泣き崩れる。代わってドクターが説得するも、少年は興奮するばかりだった。日付が変わってまもなく、まくらと食料が差し入れられた。少年は女子客におにぎりやウーロン茶を配らせたが、それを口にしようとする人は少なかった。

午前5時頃、特殊急襲部隊「SAT」は少年がY子しっかり離れた瞬間を意識し、左右の窓をわり、「フラッシュバン(閃光手投げ弾)」を投げ入れ、取り押さえた。
救出のときに1人が負傷したものの、その頃乗っていた人はみんな無事だった。

女子高生コンクリート詰め殺人事件

ayase-700x679 【閲覧注意】日本国内の子供(未成年)が犯した猟奇殺人事件まとめ Article

女子高生コンクリート詰め殺人事件(じょしこうせいコンクリートづめさつじんじけん)は、1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年、平成元年)1月の間に東京都足立区綾瀬で起きた猥褻誘拐・略取、監禁、強姦、暴行、殺人、死体遺棄事件の通称である。事件番号は平成2う1058。
この事件は、加害者が全て少年(未成年者)であったこと、犯罪内容が重大・悪質であったこと、犯行期間も長期におよび、少女が監禁されていることに気づいていた周囲の人間も被害者を救わなかったことなどの点で社会に大きな衝撃を与えた。

引用元:女子高生コンクリート詰め殺人事件 – Wikipedia